育毛剤選びの注意点と効果の現れ方について解説

育毛剤選びの注意点と効果の現れ方

育毛剤は目的別に見て、主に四つの種類に分けられます。
 男性ホルモンを抑制するタイプ。
 頭皮の血行を促進するタイプ。薬用凌駕(リョウガ)カークランドロゲインなど。
 頭皮や毛根に栄養を与えるタイプ。
 頭皮の皮脂抑制汚れや老廃物を除去するタイプで、ウーマシャンプー
など育毛シャンプーに多い。

育毛剤を選ぶにあたっては、これらの点をふまえて、自分の症状に合った効果の観点から選択することが重要です。
また、最近では、チャップアップ濃密育毛剤BUBKAのように育毛剤で複数のタイプを含む場合が多く、厳格な区分けが難しくなってきています。
さらに、M-1育毛ミスト薬用ポリピュアEX薬用育毛剤「リッチハーベスト」など、まったく新しいかたちの育毛剤も出てきており、タイプと選択の幅が広がってきております。

育毛剤を選ぶにあたっての注意点は
 同じ効果を持つ育毛剤を複数使わない。重複効果を避ける。
 異なる効果を持つ育毛剤をなるだけ併用すると、相乗効果が期待できます。例えば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントなど、異なる育毛製品であれば相乗効果が期待できます。
 頭皮が炎症を起こしている場合、育毛剤が逆に刺激を与える恐れがあるため、頭皮専用のシャンプーで頭皮の健康回復に努めること。アミノ酸シャンプーのオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】 Growth Project.アロマシャンプー、あるいは、ウーマシャンプーなどの天然馬油シャンプーがオススメです。
 育毛剤は最低半年の使用期間を見ること。できるなら、その間は同じ育毛剤をつづけたほうが良い。

育毛が難しい原因の一つは、効果の現れ方に波があることでしょう。
時には、全く何の効果も見られないか、あるいは悪化しているのではないかと思えるような時期がやってきます。この時点で、多くの方が、今使っている育毛剤や育毛法は効果がないと考え諦めてしまいます。
しかし、育毛は右肩上がりで前進するものではなく、休止期⇒成長期⇒停滞期⇒休止期のサイクルでを繰り返しながら効果が現われて来るものだと知っておれば、根気よくそれまでの育毛法を続けていくことができるのではないでしょうか。


 

サイトマップ