育毛剤の種類

育毛剤の種類

抜け毛を予防するためには、何といっても毎日のヘアケアが大切です。良く知られている基本的なヘアケアはシャンプー、ブラッシング、マッサージなどですが、「育毛剤」を使ってのヘアケアもあります。

育毛剤には多くの種類がありますが、大きくわけて次の4種類あります。

■血行促進タイプ
このタイプの育毛剤は、頭皮の血行を促進して、髪に栄養を行き渡らせる効果があります。主として、男性型脱毛症(AGA)や円形脱毛症の方に適しております。

■男性ホルモン抑制タイプ
男性ホルモンは毛母細胞の働きを悪くしてしまうため、います。このため、男性ホルモンの活動を抑えて毛母細胞の働きを活発にすることを狙ったものです。

■細胞活性化タイプ
髪にとって大切なビタミン類などの栄養分を補給して、毛母細胞を活性化させることを狙ったもので男性型脱毛症の方に向いています。

■皮脂分泌抑制タイプ
皮脂の分泌を抑えて頭皮を清潔に保って髪の成長を促すもので、粃糠(ひこう)性脱毛症に悩んでいる方に向いています。

また、育毛剤には、つけるタイプだけでなく飲むタイプのものもあります。そして、医薬品と医薬部外品があります。医薬品は治療するために使う薬なので副作用が起こる可能性もありますので注意が必要です。なお、医薬部外品は一般的に医薬品よりも効き目は穏やかですが、副作用の心配はほとんどありません。


薄毛の悩みはつらいものですよね。でも、あきらめることはありません。薄毛は改善することが出来ます。特に、女性は男性よりも改善が容易なケースが多いのです。

一部例外として、遺伝からくる薄毛の場合は改善が難しいこともありますが、割合にすると全体の約4%程度に過ぎません。

いずれにしても、薄毛や抜け毛の原因は人によって千差万別ですから継続して使いやすく、いくつかの育毛剤を試して自分に合ったものを選びたいものです。




 

サイトマップ